岡山ベジフルファームプロフィール
【有機野菜が普及しないのは何故?】

体に良くて、安心で安全なイメージがある有機野菜。
でも、市場では余り見かけません。
スーパーなどでコーナーを設けていても、通常の野菜よりも高く
中々食べる機会が少ない事が現実です。

野菜サラダ

<日本で販売されている国産野菜は安心で安全だ>という認識も強くあり、
「ただ美味いしければいい」「安ければいい」「見た目が良ければいい」など、
野菜本来の本質を考え、体に本当に良いものが選ばれているのか疑問があります。

より野菜を知れば、必然と肥料や農薬、栽培方法などの情報に触れることが多くなります。
何が安全で、何を求めるのかかがはっきりとわかります。

野菜を知ることは、人生を楽しくしてくれるものだと思います。
野菜の知識が増えることこそ、有機JAS野菜の関心、消費拡大への近道だと感じます。

【有機野菜とは】

一般的に「有機野菜」として捉えられている野菜には、

1、「国が認証した有機JAS野菜」
2、「認定されてはいないものの、有機農法で栽培している野菜」

この2通りがあります。どちらも大差無いと思われがちですが、そこには大きな違いがあります。

前者の「国が認証した有機JAS野菜」とは、有機食品のJAS規格に適合した生産が
行われていることを登録認定機関が検査し、認定されたもののみ
「有機JASマーク」を貼ることができます。

JAS認定マーク岡山ベジフルファーム

この「有機JASマーク」が貼られた野菜こそが
「有機野菜」「有機○○」「有機栽培」「有機農産物」「オーガニック」
など表示して販売のできる野菜です。

逆に後者の「認定されてはいないものの、有機農法で栽培している野菜」は、
「有機野菜」「有機○○」「有機栽培」「有機農産物」「オーガニック」
などの表示をして販売をしていけないのです。

「「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」「オーガニック」
などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

また、「有機」以外の安心野菜の代名詞として、
「無農薬野菜」「減農薬野菜」「無化学肥料」「減化学肥料」
などという言葉が使われている場合がありますが、これらの表現は、
2004年4月1日に施行された農林水産省の「特別栽培農産物ガイドライン」によって
使用禁止とされたので注意が必要です。

「有機農産物」、「有機野菜」等と表示するためには、圃場(ほじょう)(畑)の土に
禁止された農薬や化学肥料を使用していないことが条件です。

岡山ベジフルファーム圃場

注)有機JAS規格では、「農産物に重大な損害が生ずる危険が急迫している場合であって、
耕種的防除、物理的防除、生物的防除又はこれらを適切に組み合わせた方法のみによっては、
圃場(ほじょう)における有害動植物を効果的に防除することができない場合」、
有機農産物の生産をするなかでも使うことのできる農薬を定めています。

・圃場(ほじょう)や施設、用具などに農薬や化学肥料の飛散・混入がないこと
・有機栽培された種苗を使用すること
・病害虫を防除するのに農薬に頼らないこと

などの条件を満たすよう、JAS法で定義されています。

ドッグレシピプランンナー協会有機野菜セット