834596

乳酸菌は、胃酸で死なないのか?

小腸内は、弱酸性になっていることで悪玉菌が増えないようになっている。

弱酸性になるためには、十二指腸の腺組織からでるアルカリ液で胃酸を中和して弱酸性になっている。

弱酸性になっていることで乳酸菌が優位になっている。
乳酸菌が減ると便が緩くなったり、下痢になったりする。

その為、乳酸菌は体にいいといわれて、人でもいろんなものに入っている。
乳酸菌飲料やヨーグルトなどいろんなものに入っていたり、サプリメントもいっぱい売っている。

ここで注意しなければいけないのが、乳酸菌を口から取ったときに食道から流れていくのが胃になる。
胃の中には、胃酸が入っていて、胃酸は強酸性になっている。
その強酸性に乳酸菌が死なないかどうか疑問が湧く。

きっとある程度は死んでしまうが、ある程度は流れて十二指腸にたどり着けるのだと思う。
本当かどうかわからない。

野菜を足してあげることで乳酸菌が増えるといわれている。
それは、乳酸菌の餌となるものが野菜に含まれていることにより、十二指腸に届いたときに乳酸菌が増えるといわれている。

糖質や炭水化物、脂肪が多くなると乳酸菌が減少して、弱酸性が中性からアルカリ性になると悪玉菌が増えてくる。

悪玉菌が増えるとおならが多くなったり、おならが臭くなったり、うんちが臭くなる。
おならやうんちが臭かったり、臭くなったりしたときは悪玉菌が増えていると思った方がいい。

762165

腸内フローラ

最近、腸内フローラという言葉や話がよくあると思う。
腸管内の善玉菌と悪玉菌のバランスの事である。

いろいろな善玉菌や悪玉菌がいてそれがお花畑のように見えるので、腸内フローラと呼ばれている。

621356

善玉菌、悪玉菌のどちらにも属さない菌も腸内にいる。
そのどちらにも属さない菌が善玉菌になったり、悪玉菌になったりする。
善玉菌が優勢になっている時は、善玉菌になり、悪玉菌が優勢になっている時には、悪玉菌になる。

その為、乳酸菌の餌となるものを入れてあげると乳酸菌は増える。
乳酸菌自体を入れてあげると腸内の乳酸菌が増えるかどうかは自分にはわかりかねる。

小腸から流れていった消化物は大腸に行く。
大腸では、食物繊維の発酵分解、水分の吸収と電解質の吸収をしている。

大腸内は、中性からアルカリ性になっていてほとんどが大腸菌群になる。
大腸菌群は、悪玉菌の種類になるが、大腸ではこの大腸菌群がしめている。
確かに大腸菌は感染の原因にもなるし、O-157などは大腸菌群になる。

ただ、大腸では悪玉菌といういい方はふさわしくないのかもしれない。
この大腸菌群がないと食物繊維の発酵分解はできない。

全く善玉菌だけという腸管内はないのだ。
善玉菌もいて、悪玉菌もいる必要がある。
バランスが大事ということだ。

614196