dog

食材には5性と5味があることを話した。
中医学は5つにわけることが好きなようだ。

5味にもそれぞれ作用がある。
酸味は、体の体調や体液の漏れを引き締めたり、出血、渋り腹、尿漏れを止める作用がある。

苦味は、高熱、多汗などの重度の炎症や症状を抑えたり、体の中の水分が滞ってむくんでいるのを取り除いたり、老廃物や病邪を取り除く作用がある。

辛味は、汗や老廃物を体から外へ出したり、氣の巡りをよくしたり、血液の流れをよくしたりする作用がある。

鹹味は、しこりや腫瘤を柔らかくして、散らす作用がある。
※鹹味(かんみ):塩からい味

甘味は、体が活動に必要なものを取り込んだり、胃腸の調子を整えたり、体の状態を整えたりする作用がある。

このように味によってもそれぞれの作用がある。

甘味は、注意が必要で、過剰な甘味は逆に胃腸を悪くしてしまったり、血液の流れを悪くしたりするので、甘味が体にいいと勘違いをしないでほしい。

更に全ての食材には帰経という効果もある。

帰経というのは、食材にはそれぞれの臓器に効果があるというものになる。
体の状態を評価して、どこが弱っているか確認し、その弱っている臓器に効果がある食材を使う。

食材

例えば、牛肉は脾胃に効果を持ち、倦怠感や貧血、食欲増強、体力補強などの効果がある。

鴨肉には、脾胃肺腎に効果があり、胃腸虚弱、浮腫み、体力回復などに効果がある。

羊肉には、脾胃に効果があり、疲労、足腰の冷え、体力回復、保温などに効果がある。

キャベツには、肝胃腎に効果があり、胃もたれ、胃腸虚弱、潰瘍に効果がある。

エリンギには、肺腎に効果があり、空咳、手足のほてり、寝汗などに効果がある。

セロリには、肝肺膀胱に効果があり、高血圧、充血、痙攣、精神安定などに効果がある。

このように食材はそれぞれの臓器に効果があり、動物の体調に合わせて食材を選ぶ。

これは、中級になるし、私がどこが弱っているのか確認しながらやるので、皆さんは食材には、それぞれの効果があることを知ってもらうと食材選びも楽しくなる。

この5性と帰経を組み合わせて、食材を選択すると薬膳的な手作り食ができる。
手作り食が薬にも体を治療する薬にもなるということだ。

これができれば、病気になる前の未病であれば、食材で治療することができる。
そうすれば、わざわざ薬を飲まなくてもいいし、薬による副作用も心配しなくていい。

食べ物である以上食べる量を決めていれば副作用の心配はない。
これは、本当に素晴らしいことなのではないかと思う。

なかなか手作り食には、抵抗があったり、時間の関係でできなかったりするかもしれないが、体本来持っている自己治癒力と食材による薬膳を組み合わせることで、治療することも可能になる。