野菜盛り

それぞれの食材には、薬膳の効果があると考える。
食材の持つ薬効で症状の改善させたり、病気を治したりする。

食べ物には、5つの性質を持っていると考えられていて、これを食性という。
食性は、熱性、温性、平性、涼性、寒性がある。

熱性、温性は温めるタイプだったり、涼性、寒性は冷やすタイプだったり、平性は温めもせず冷やすもしないタイプだったする。

そのそれぞれのタイプにより使い分る。

例えば、体がむくんでいて、冷えている場合は、熱性、温性の食材を多くしたり、皮膚病があると体は熱を持って熱くなってしまうので、そんな時は涼性、寒性などの食材を多くして、体を冷やすようにする。

季節や飼育環境、種類などを考慮してバランスを整えたり、調整したりする。

季節の食材は、冬は熱性、温性の食材が多くなるし、夏は涼性、寒性の食材が多くなる。

日本には、四季があり季節によって取れる食材があり、それに合わせて使う食材も変えていくことができる。

熱性、温性の食材は、その名の通り、体を暖めるタイプの食材だが、その他、内臓の機能向上や血行促進、代謝向上などの効果がある。

代表的な食材としては、唐辛子や胡椒、生姜などがあり、いかにも温めてくれそうな食材。

syouga

温めるタイプの食材はイメージがしやすいと思う。

涼性、寒性の食材は、体を冷やすタイプの食材。

その他の効果としては、抗炎症作用、解毒作用、利尿作用、デトックス作用、病原体を排泄する作用などの効果がある。

主な食材は、大根、キュウリ、トマトなどになる。
キュウリ、トマトは夏のものというイメージがするが、大根はおでんなどに入っていて冬の食べ物のような感じがするが体を冷やすタイプになるので、冬に食べるのは注意である。

これは、自分たちが食材を選ぶときにも同じなので、食べるときの食材を考えながら食べたりすると面白い。

冬場におでんの大根はおいしいが、体を冷やすとか、居酒屋に行ってもろきゅうを食べると体を冷やすけど、利尿効果はあるので、アルコールと一緒に食べるとおしっこが多くなる。

tomato

居酒屋でキュウリや冷やしトマトなどが多いのは、利尿効果を狙っているのか。

お酒とダブルで利尿効果があると脱水するので、こういった食材を食べた時は、水分をしっかりと取る必要がある。
お酒で脱水して、食材で脱水すると急性アルコール中毒になりかねない。

このように自分たちが食べている食材がどのような効果があるのかわかると食べるときも楽しい。