味覚というのは、複雑にしてわからないようにすると深みが増すようである。
シンプルな味は、脳にダイレクトにわかるので、単純な味は深みにはならない。

いろいろなものを沢山入れることによって、複雑化すると舌からの信号が複雑になり、
味わい深いものになる。

vegetables-752153_640

人は味わい深いものが、おいしいものという誤解をしているところがある。
素材だけの味では、おいしいと感じる人がどのくらいいるだろう。

自分は、サラダを食べるときはドレッシングも調味料も塩も何もつけずに食べる。
そうすると野菜本来の味を味わうことができるが、おいしいかどうかというと
素材そのものの味である。

サラダにドレッシングや調味料をかけて食べなくなると、おいしいと食べているのは、
サラダがおいしいのではなく、ドレッシングの味をおいしいといっていると思ってしまう。

野菜本来のおいしさがおいしいかどうかは、すぐにわかるようになる。
ファミレスのサラダはまずい。コンビニのサラダもまずい。

それと同じで、ドックフードやキャットフードもおやつも味を複雑化すると動物も
おいしいような気がするのではないか。

あまりにも多くのものがドックフードやキャットフード、おやつに入っている。
こんなものがなぜ必要なのか。こんなに必要なのか。と思われるぐらい様々なものが
入っている。
正直、入れ過ぎだと思う。

人の食べ物の加工品もそうなのだが、なんでこんなにもいろんなものを入れる必要が
あるのかがわからない。

防腐剤も何種類も入っているし、糖質も何種類も入っている。
それにも関わらず、この価格というのは、どれだけ原材料や化学的なものが安いのか。

安くて大量の化学的なものを使い、加工しているとしか考えられない。

そこまで入れてコストをかけるのであれば、もっとシンプルにして、コストを下げれば
いいのではないかと思うが、ここがおいしさにつながっていくのではないかと思っている。

fillet-1179663_640