ドッグフード

動物用のフードというのは、管轄しているのは農林水産省である。

人の食べ物は厚生省である。ここに差が生まれる。

厚生省では、人では使っていいもの、いけないものは決められている。

発がん性物質があるものや害になるものは食品として使ってはいけないということが
決められている。

しかし、動物用のものは、人が食べてもいいようには作られていない。

人が食べてもいいように作るためには、厚生省の許可をもらうことが必要になる。

そのため、動物用に販売されているものは、厚生省の許可をもらっていないので、
食べる場合は、自己責任になる。

何が起こっても問題を問われることはない。

そう考えると動物用として作られているものは、その会社がこれは人が食べてもいい
というぐらいのものを作らない限り、人が食べてもいいものではないフードやおやつも
あるということを頭の片隅に置いておいてほしい。

ドックフードやキャットフードも注意が必要だが、おやつもかなり注意をしなければならない。

動物用だから安全なおやつということはない。

ドックフードやキャットフードより、おやつはひどい状態が見られる。

飼主様もドックフードやキャットフードには、食事だからということで注意をされることがあるが、
おやつにも注意されている方は少なくなってしまう。

結構食事には気を付けていただいていてもおやつはよく食べるものということに
なってしまっている飼主様は多くみられる。

特にデンタル系のおやつは注意してもらいたいものがある。

例えば、蹄や豚耳、骨などは、歯にいいだろうと人が勝手にイメージをしているので、
売っているし、与える方も多いのだが、

歯にとっては硬すぎるし、歯が欠けてしまったり、折れたりする原因になるので、
与えないでもらいたいものなのにも関わらず、売っている。

これは、間違ったおやつであり、本来であれば売られるものではない。

犬おやつ

このような間違ったおやつも平然と売っているのが現状なので、飼主様は注意をする必要がある。

本当におやつは様々なものが売られている。
あまりにも種類の多さにびっくりする。

それは、ドックフードやキャットフードも同じであるが、おやつは特に種類が多い。

この中で、何割のおやつが本当に動物の体の事を考えて作ってくれているのだろう。

利益も除外し、規制もない中で、本当に体にいいものを作ってくれている業者が
どのくらいいるのか、いつも考えてしまう。

なかなか難しい現状がある。

体にいいものを作っても食べてくれなければ売れないし、売れなければ会社自体は
つぶれてしまう。

これでは、ビジネスとして成り立たないので、趣味でやるぐらいになってしまうのか。

おいしいといってものすごく食べてくれるようなおやつはちょっと心配なところはある。

人のおやつもそうだが、結構おいしいおやつは、様々なものが入っていたり、化学的に
調合されていたりする。

人もおやつも動物のおやつもあまりおいしいものは、注意なのかもしれない。