ペットは、人のようにデトックスをすることは難しいので、
なるべく体にいいものを食べさせてあげる必要がある。

そのためには、食事にも気を使っていただき、
ドックフードやキャットフードを買う時には、せめて裏面を見て、
なにが入っているのか、どんなものを使っているのか確認してみていただくといい。

food

正直このご時世、安かろう良かろうはない。

いいドックフードやいいキャットフードは、ある程度費用が高い。

この今の日本の経済状況で、高いフードを買える人は限られてくると思う。

高いフードを買ってくださいとは言わない。

だったら、手作り食をするもの一つだと思う。

人も外食するより、家で作って食べた方がやすい。

プレミアムな高級フードを買うぐらいなら、家で作ってあげればいいと思う。
手作り食には、賛否があると思うが、手作り食も一つの方法である。

手作り食は、作らないといけなので、手間もかかるし、栄養面で気を使わないと
いけなかったり、食材を選んで買わないといけない。

ペットのためにわざわざ買わなくてはいけないものも出てくる。

そこは、人と同じである。

人も外食ばかりしていると栄養が偏ってきたり、体に悪いかなと思ったり、
何が入っているのかわからないものを食べないといけない。

そうすると家で作って食べることの方が安全である。

それと同じで、手作りを作ってあげることが体に良かったり、何が入っているのか
わからないものを食べなくて済む。

動物用のフードであれば、動物の事を考えて作ってあり、体にいいだろうと
思われる方も多いかと思うが、実際はそんなことはない。

動物用のフードとして、様々なものが売られている。

ドライフード、缶詰フード、半生タイプ、フリーズドライ、パウチタイプなどなど。
いろいろなフードがある。

また、おやつも本当に様々なものが売られている。

全てのフードやおやつが動物の事を考えて作ってくれているならいいのだが、
実際はそう簡単ではない。

フードを売っている会社も商売であるから、コストがかかりすぎると売れないので、
なるべくコストを抑えてくる。

そうするとあまり高い原材料は使えないし、いいものを作るというのはコストがかかる。

コストを抑えるためには、原材料に何を使うのか、どこのものを使うのか、
何を配合するのか考えなくてはならない。

理想論だけではフード、おやつは作れない。
現実的な問題がある。

動物用のフードやおやつを買うことがなんでも安全というわけにはいかないことがここにある。

これを知っておいてもらいたい。

food2